債務整理を行うならどこがいい?

債務整理はお役所で住民票をとるような簡単な作業ではありません。
どの場合も法律の効力を使って借金を軽くしたり返済金額を少なくしたり、はたまた借金すらもなくしてしまおうということですからそれなりの法律に関する知識や手続き方法などを知っている人でなければまずできません。
そこでそういった職業に就く方の出番となるのですが、その最たるものとなるのが弁護士さんです。
弁護士さんはまさに法律のプロであって、過払い金請求から自己破産まで何でもこなしていきます。

それからここ最近台頭してきたのが司法書士さん、司法書士は司法書士でも特別な権限を与えられた認定司法書士さんという方も債務整理を取り扱うことを認められた方です。
ただ何でもできる弁護士さんに対して利益となる金額に制限があったり、代理人になることが認められていないのでどうしても行動範囲に制限が掛かってしまいます。

 

それから意外と知られていないのが行政書士さん、行政書士でも債務整理の相談などができますが、行政書士さんの場合は相談から本来の仕事である書類の作成までしかできず、債務整理のすべてに関して実際の行動はすべて自分で動かなければならないので債務整理に関して全く知識のない方では事実上は難しいかもしれません。
それとこれは職業的なものではないのですが、法務省の管轄下にある日本司法相談センターというところでも一連の債務整理を行うことができます。
日本司法相談センターといってもあまりピンと来ないと思いますが、法テラスといえば「あ〜あそこね」と思う方もいるでしょう。

 

法テラスでは法テラス自体が債務整理の手続きや交渉などを行っているのではなく、相談を受け付けてその方を所属の弁護士さんや司法書士さんに紹介するという業務を債務整理の一業務として行っているだけです。
法テラスに債務整理の相談をしたとしても一個人としての弁護士さんや司法書士さんに受け継がれていくので、個人的に弁護士事務所や司法書士事務所に出向くのと変わりありませんが、とっかかりの債務整理の相談になかなかこぎつけるのが難しい方がたくさんいるので一種の窓口として機能しているだけのものです。
借金返済が厳しい、借金生活から早く離脱したいと思って、相談や実行に移したいと思っている方の行き先としてはこういったものがあるのですが、どれも一長一短でどれが一番いいとは言い切れないのですが、やはり一番無難なのは個人的に弁護士事務所に訪れるか法テラスで弁護士さんを紹介されることだと思います。

債務整理は弁護士と司法書士どちらに任せるべき?

債務整理をスムーズに行うにはプロのお任せするのが一番ですが、プロといえば法律に詳しい弁護士さんということになりますが最近の債務整理の増加傾向によって司法書士事務所でも債務整理を行うことができるようになりました。
司法書士さんはそもそも司法関連の書類を作成してそれを裁判所なりしかるべき場所に提出する問いことが主な仕事なのですが、それに携わるには弁護士さんほどではありませんがそれなりの法律に関する知識を持っていなければならず、中には弁護士さんレベルの知識を持っている方もいるぐらいです。

 

ならばそういった知識があるのであれば司法書士さんでもある一定のレベルまで債務整理を行う権限を与えてもいいのではということで、講習を受け試験にパスした認定司法書士だけに債務整理の一部を行うことを許すようになったのです。
それ以外にも行政書士さんもお手伝い程度はできるようになっていますが、実際に動くことができませんので債務整理をお願いする選択肢は弁護士さんか認定司法書士さんということになるでしょう。
さて、どちらにお願いするかということになりますが、その前に弁護士さんと司法書士さんの違いを知る必要があるでしょう。

 

まずは弁護士さんですが、弁護士は債務整理のすべてのもの、過払い金請求から任意整理、特定調停や個人再生、自己破産までの相談から事務処理、申し立て、裁判などに至るまですべてのことをすることができます。
一番大事なのが代理人となることができるという点、それによって本人自らはあちこちに行かなくても済むのです。

 

司法書士には限度がある

一方、司法書士では、まず債務整理として扱うことができる金額が140万円以下であるものだけに対応することができるという部分が大きな違いでこれは管轄の裁判所が簡易裁判所だけということによるものです。
それと代理人になれないということで任意整理であれば裁判所と関係ないところで行いますのでほとんど影響はないのですが、自己破産や特定調停、個人再生など裁判所が絡むものに関しては裁判所へ出廷するときなどに同行、同席は認められるようになりましたが、本人に代わって審尋などを受けることができません。
一言でいえばすべてのことを行うことができるのが弁護士さん、ある一定の制限が掛けられているのが司法書士さんということになります。

 

ですので、実際に司法書士さんでまかなえることができるのかどうかという点で心配であれば弁護さんにお願いするのがいいでしょう。
司法書士さんの範囲内であることが確実であれば、費用が若干安く上がる認定司法書士さんのいる司法書士事務所に足を運ぶというのも良いかもしれません

債務整理でよく出てくる法テラスって何?

債務整理はある程度のところまででしたら自分でできます。
ただし、その方面の法律や手続きなどに詳しい知識と行動力がある方だけに許されることで、そうでない方がやろうとしても無駄な努力に終わるでしょう。
そこでそういった専門家に助けを求めることになるのですが、債務整理をお願いするところはいろいろなところがあります。

 

一般的なのが法律事務所とか弁護士事務所とか司法書士事務所といった個人的または小規模な企業・団体など法律に詳しい弁護士さんや国に認められた認定司法書士さんがいるところです。
そしてもう一方ではあまり知名度は高くないのですが、ここ最近になってだんだん有名になってきた法テラスという大きな団体です。

 

費用がない方は法テラスがいいかも

法テラスは正式名称、日本司法支援センターという弁護士さんや司法書士さんなどが加盟している国の管轄下にある法律の相談や執行の手助けをするところです。
ここには複数の弁護士さんや司法書士さんが登録をしており、法テラス側が無料でいろいろな法的な相談を受け、結果的に弁護士さんや司法書士さんによって何かを行う必要があるといった場合は所属弁護士や所属司法書士さんを紹介してくれるというところです。
弁護士費用、司法書士費用がどうしても用意することができないという方には法テラスに所属する弁護士さんや司法書士さんを利用することを条件に無利子でその費用の立て替えを行うというサービスも行っています。

 

債務整理に関しては独立する法律事務所などで行っている相談から実際の債務整理までを行うことができるのですが、法テラス側で紹介された弁護士さんを利用しなければならず、その弁護士さんとの相性がいまいちあわないとか、これから行うことに関して知識が豊富でないということもあるようです。
法テラスでは所属弁護士、所属司法書士のリストを作り、紹介する必要がある場合はそのリストの上から順番に紹介するといった形で選ぶそうでそのためその件に関して専門的な知識や経験などのある・なしはあまり考慮されていないらしいです。
弁護士さんとの付き合いは相性が重要、そういった面では法テラスで債務整理の相談や実行などは少々デメリットがあるかもしれません。

 

しかし、一方では大っぴらに構えているので初めての方でも非常に敷地が低く入りやすい、ここに来る人もほとんどの方が法的にいろいろな問題を抱えている人ばかりですので気が楽というメリットもあります。
弁護士事務所になかなか行けない方でもここなら行きやすいのではないでしょうか。